東京ー新山口【往復30,400円~】新幹線の「往復割引」料金を安くする方法

新幹線の往復割引料金

新幹線で東京ー新山口を往復する場合、往復割引が適用されます。

往復割引後の新幹線料金(東京ー新山口)は下記の通り。

  • のぞみ    :40,700円
  • さくら・こだま:39,420円
    ※ひかりも同料金

新幹線の往復というと、「往復割引」や「回数券」などが真っ先に思いつきますが、往復割引は乗車券が1割引、回数券は正規料金の3〜5%割引程度です。正直、あまりお得ではありません。

では、どうすれば往復料金を安くできるか?

いくつか方法があるので紹介していきます。

 

格安マスター
とりあえず、ざっくり簡単に結論をまとめておくよ!

 サクッと!まとめ 

  1. 東京ー新山口を安く往復するなら「新幹線パック」が第一の選択肢。往復+宿で格安30,400円〜。他と比較しても圧倒的に安い。
  2. 新幹線きっぷ単体で往復の場合は、最安30,560円。往復割引が適用されないケースもある。
  3. ❶❷以外にも往復割引料金を安くする方法がある。

では、詳しく見ていきます。

往復料金ふくめ、東京ー新山口の新幹線全般の格安情報はこちらで詳しくまとめています。
東京ー山口【最安は15,280円】新幹線 料金の格安ガイド

 

東京ー新山口の往復の新幹線料金一覧

まずは、東京ー新山口の往復の新幹線料金を一覧にまとめておきます。

格安マスター
一目でわかるように東京ー新山口の新幹線料金リストを作成しました!

東京ー新山口の新幹線料金リスト(片道・往復)

安い順に並べると以下の通り。

※往復の場合は往復割引が適用

東京•品川ー新山口 片道 往復
新幹線パック 30,400円〜
※1泊宿代込
EX早特21 15,280円 30,560円
EX早特(土休日) 16,810円 33,620円
EX早特(平日) 17,420円 34,840円
EX予約 20,090円 37,600円
e特急券 20,090円 37,600円
回数券 20,140円 40,280円
自由席
自由席(スマートEX)
20,470円 38,360円
ひかり・こだま
(スマートEX)
20,800円 39,020円
ひかり・こだま 21,000円 39,420円
のぞみ(スマートEX) 21,440円 40,300円
のぞみ 21,640円 40,700円

学割や障害者割引ほか、特定の人しか利用できない格安きっぷや割引は除外しています。

東京ー新山口は往復割引がきく!

新幹線で往復というと、往復割引があるじゃないかと思う人も多いでしょう。東京ー新山口の往復割引はどうでしょうか?

JRの往復割引は、その区間の片道の営業キロが601km以上の場合に適用されます。往復割引が適用された場合は乗車券が1割引になります。(※特急券は割引になりません)

このルールに従うと、東京ー新山口間は営業キロが601km以上なので、往復の場合は往復割引がききます。乗車券が1割引になります。(※特急券は割引になりません)

ただし、予約の方法によっては往復割引が適用されないケースもありますので要注意です。

往復割引が適用されないケース

新幹線の往復割引が適用されないのは、以下のような乗車手段の場合です。

  • JRの早割チケット
  • 回数券
  • EX予約・スマートEXの早割チケット
    (EX早特21、EX早特、EXのぞみファミリー早特など)

これらの場合、往復料金は片道の2倍になるだけです。それでも往復割引より安い場合もあるので、料金比較が必要です。

 

【東京ー山口:往復30,400円〜】往復割引より断然安い「新幹線パック」

新幹線パック

新幹線で東京ー山口を往復する場合、まずは「新幹線パック」を検討しましょう。

東京ー山口の最安値は30,400円〜です。

往復料金が40,700円(のぞみ)ですから、「新幹線パック」は10,000円程度安いです。しかも「新幹線パック」は宿代込の料金です。

格安マスター
なにはともあれ、まずは「新幹線パック」をチェック。宿泊するならメチャメチャお得っ!

山口ー東京の新幹線パック

東京山口新幹線パック

新幹線パックは 以下の2つがセットになった旅行商品です。

  • 新幹線往復チケット(東京ー新山口)
  • 宿(ホテル、旅館)

セットになることで、料金が大幅割引になるのが最大の魅力です。新幹線チケットとホテルを別々に予約するよりはるかに格安です。

新幹線パックの特長はこんな感じです。

  • 「新幹線+ホテル」セットで特別割引料金
  • 新幹線の種類(のぞみ、こだま等)を選べる
  • 新幹線の時間が自由に選べる
  • ホテルのグレード(格安〜高級)を選べる
  • 直前(3日前)まで予約可
  • 2人予約がお得(1人予約だと割高になる)

新幹線パック最大の魅力は、やはり価格です。料金は時期によって変動しますので、最新料金は公式サイトでチェックしてください。

 

「新幹線パック」はどれくらい安いのか?往復割引料金を比較!

「新幹線パック」がどれほどお得か、もっと具体的に見てみましょう。

新幹線パックとその他の乗車手段の料金を一覧表にして比較してみました。下の一覧表では、往復料金に宿代(1泊6,000円と仮定)を加算しています。

格安マスター
料金の安い順に並べたよ。新幹線パックをうまく使おう!
新山口駅ー東京駅 往復 往復+1泊
新幹線パック 30,400円〜
EX早特21 30,560円 36,560円
EX早特(土休日) 33,620円 39,620円
EX早特(平日) 34,840円 40,840円
EX予約 37,600円 43,600円
e特急券 37,600円 43,600円
自由席
自由席(スマートEX)
38,360円 44,360円
回数券 40,280円 46,280円
ひかり・こだま
(スマートEX)
39,020円 45,020円
ひかり・こだま 39,420円 45,420円
のぞみ(スマートEX) 40,300円 46,300円
のぞみ 40,700円 46,700円

ご覧の通り、圧倒的に新幹線パックが格安です。

ただし、新幹線パックも時期によって料金が大きく変動します。とくに繁忙期は、必ずしも最安値とはいえませんし、希望の宿が取れる保証もありませんので、最新の料金は公式サイトで確認してください。

 

【東京ー新山口:往復30,560円〜】新幹線きっぷ単体で往復する場合

ここまでは、「宿泊あり」で東京ー新山口を往復するケースを紹介してきました。しかし、宿が必要ない場合もあります。

新幹線チケットのみの往復料金をみてみましょう。(片道の場合も同様です。)

「EX早特21」が最安!|東京ー新山口往復30,560円

EXこだまファミリー早特

早めの予定が立てられる人には「EX早特21」がおすすめです。

「EX早特21」は、21日(3週間)前までの予約で、早朝・日中の「のぞみ」を最も格安で利用できます。料金は以下の通り。

  • 新山口 ー 東京:往復30,560円

「EX早特21」はJRの会員サービス「エクスプレス予約」または「スマートEX」で予約・購入します。まずは会員登録をしましょう。

「EX早特21」の特長は下記の通り。

EX早特21のポイント

  • 21日前までの予約で格安
  • のぞみ指定席乗車
  • 片道/往復、上り/下り利用可
  • 朝6時台、昼11~15時台の「のぞみ」利用
  • 他の商品等に手数料無料で変更可能(差額は必要)
  • 同伴者の料金も割引(同時に6名まで)

ただしEX早特21は、往復割引がない、繁忙期(GW、お盆、年末年始)には使えないのが注意点です。

「EX早特21」は早割きっぷですが、予定が変わった場合も簡単に変更・キャンセルできます。使いやすい格安チケットです。

「EX早特」も安くてEX早特21より使いやすい

21日前までの予約が必要な「EX早特21」を使うのはなかなか難しいと思います。

その場合は、「EX早特」がおすすめです。EX早特は3日までの予約で利用可能なのでより使いやすいチケットです。EX早特21と同様、「エクスプレス予約」または「スマートEX」から予約・購入できます。

料金は下記の通りです。

  • 新山口 ー 東京:往復33,620円(土休日)
  • 新山口 ー 東京:往復34,840円(平日)

「EX早特」の特長は下記の通り。

EX早特のポイント

  • 東京ー新山口が格安
  • のぞみ指定席乗車
  • 3日前までの予約可
  • 土休日はさらに割引(こども料金もあり)
  • 他の商品等に手数料無料で変更可能(差額は必要)
  • 同伴者の料金も割引(同時に6名まで)

EX早特も厳しいなら、「EX予約」や「e特急券」を利用することになります。

こだまを乗り継げば、さらに安くなるんじゃない?

「こだまの格安チケットを利用すれば、15,280円よりもっと安く行けるじゃないか?」と思った人は少し新幹線に詳しい人でしょう。

確かに、下記のこだまの格安チケットを乗り継ぐ方法はあります。

  • 東海道新幹線
    ー ぷらっとこだま
    ー EXこだまファミリー早特など
  • 山陽新幹線
    ー バリ得こだま
    ー こだま指定席きっぷなど

これらをうまく乗り継いで最短時間で行けたとして、東京ー新山口が9時間程度。

肝心の新幹線料金は、「ぷらっとこだま」+「バリ得こだま」で20,200円。「EXこだまファミリー早特(10,080円)」+「バリ得こだま」で19,580円です。

EX早特21、EX早特より高くなってしまいます。東京ー新山口間はこだまの格安チケットを使っても遅くて高くなります。

結局、新幹線パックの方が安い

ここまで見てきた通り、東京ー新山口の往復料金は以下の通りです。

  • 最安の新幹線チケット:往復30,560円
  • 新幹線パック    :往復30,400円〜

1泊分の宿がついても、往復料金にそれほど差がありません。

東京ー新山口を安く新幹線移動することが最優先なら、まずは「新幹線パック」を検討するのが賢い方法と言えます。

 

東京ー新山口の往復料金を割引にするその他の方法

ここまで紹介してきた方法のどれも利用できないという人もいるかもしれません。

そんなときは、以下の格安きっぷも検討してみてください。往復割引と併用できるものもあります。

格安マスター
他にもいろいろ割引の方法はあるんだよ。

EXのぞみファミリー早特(往復割引なし)

EXのぞみファミリー早特は名称の通り、のぞみに乗車可能な早特きっぷです。早特なので3日前までの購入が必須ですが、のぞみ料金が格安です。

ただし、EXのぞみファミリー早特は以下の通り制限も多いチケットです。

  • 3日前までに予約
  • 2人以上の乗車
  • 土休日の乗車限定

条件があえば、お得に旅行できます。

ただ残念ながら、東京ー新山口間はEXのぞみファミリー早特の設定がありません。

EX早特21(往復割引なし)

EX早特21は、EXサービス(エクスプレス予約、スマートEX)の会員になると利用できる早特きっぷです。

名称の通り、21日前までの購入が必須ですが、スマホアプリ「EXアプリ」などからも簡単に予約・変更できるので、比較的使いやすいきっぷです。

前もって予定が決まっている際に、お得に利用できる早特きっぷです。

  • 東京・品川 ー 新山口:往復30,560円

EX早特(往復割引なし)

EX早特は、EXサービス(エクスプレス予約、スマートEX)の会員になると利用できる早特きっぷです。

早特なので3日前までの購入が必須ですが、スマホアプリ「EXアプリ」などからも簡単に予約・変更できるので、比較的使いやすいきっぷです。

EX早特は、平日と休日では料金が違います。休日利用の方が割引率も高いです。

  • 東京・品川 ー 新山口:往復33,620円(土休日)
  • 東京・品川 ー 新山口:往復34,840円(平日)

エクスプレス予約(EX予約)+往復割引併用可

エクスプレス予約(EX予約)サービスはJRの有料会員サービスです。登録が必要です。年会費は1,100円。

エクスプレス予約を利用すると通常料金から約1割引きになります。

エクスプレス予約(EX予約)のメリットは下記の通り。

  • 直前予約でも割引率が大きい
  • のぞみに安く乗れる
  • お盆・年末年始・GWもおトクな会員価格

回数券よりも安くなるので、頻繁に新幹線を利用する人は有料会員になる価値はあります。

往復割引との併用も可能です。

e特急券+往復割引併用可

e特急券は、エクスプレス予約限定で購入できるチケットで、新幹線特急券が割引価格になります。スマートEXでは購入できません。

e特急券は往復割引などと組み合わせ可能で新幹線料金を安くできますが、同じ会員限定サービスなら「EX予約」や「EX早特21」の方が割引率も高いですし、ペーパーレスで使いかっても優れているので、こちらを利用することをおすすめします。

いずれにせよ、利用シーン、利用者は限られます。

往復割引との併用も可能です。

回数券・金券ショップ(往復割引なし)

格安チケットといえば、金券ショップが真っ先に思い浮かびますが、思っているほどお得ではありません。

金券ショップで売っているのは回数券のバラ売りですので、割引率は約3〜5%程度です。また、新幹線の回数券が設定されていない区間もありますし、お盆・年末年始・GWは使用できません。

しかし、当日手軽に割引を受けられる回数券はやはり人気です。団体旅行する場合や特定区間の新幹線を頻繁に利用する人は購入しておいてもいいでしょう。

新幹線の回数券は、短距離区間なら自由席、中長距離区間なら指定席に設定されています。

往復の場合は、2枚使います。もちろん往復割引はありません。

  • 東京・品川 ー 新山口:往復40,280円(指定席)

スマートEX+往復割引併用可

スマートEXはJRの無料会員サービスです。登録が必要です。

スマートEXを利用すると通常料金から200円引きになります。

無料のスマートEXはそこまで割引率は大きくありませんが、区間によってはEX早特なども利用できるので、会員登録しておいて損することはありません。

EXアプリというスマホアプリをインストールしておけば、いつでもどこでも簡単に新幹線の予約ができます。新幹線によく乗る人は必須です。

往復割引との併用も可能です。

学割+往復割引併用可

JR指定の中学・高校・大学や専修・各種学校の学生なら学割が利用できます。

営業キロ数が101キロ以上の区間の乗車券が2割引になります。特急券は割引になりません。

往復割引との併用も可能なきっぷですが、往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

障害者割引+往復割引併用可

身体障がい者および知的障がい者は乗車券が半額になります。特急券は割引になりません。

身体障害者手帳または療育手帳の記載が「第2種」の場合は本人のみ、「第1種」の場合は同伴の介護者も割引になります。往復割引、乗り継ぎ割引等も併用できるので該当する人は利用しない手はないです。

ただし、往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

往復割引との併用も可能なきっぷですが、往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

 

東京ー山口|飛行機での往復は新幹線より安いか?

空の格安チケット

最後に、東京ー山口を飛行機で飛ぶ選択肢も見ておきましょう。

東京ー山口間はのぞみで片道4時間半。かなりの長距離なので飛行機を検討する人も多いハズです。

東京ー山口:新幹線と飛行機の比較

東京ー山口で、新幹線と飛行機を簡単に比較するとこんな感じです。

東京ー山口 新幹線 飛行機
通常料金 21,640円
(のぞみ)
18,290円〜
※ANA
格安料金 15,280円
※EX早特21
11,890円〜
※成田発着
パック料金 30,400円〜
※新幹線往復+1泊
30,200円〜
※ANA往復+1泊
時間 約4時間半 約4時間
移動の楽さ

どちらを選ぶかは、どこを重視するかによります。

飛行機の予約ならエアトリがおすすめです。エアトリでは常に国内最安値を出してくれていますので、格安チケットを見逃すことがありません。

東京ー山口は新幹線のお得感なし

飛行機の場合、空港ー市街地の移動(シャトルバスまたは在来線)の時間、料金、労力も考慮に入れる必要がありますが、総合的にみて東京ー山口間は飛行機がややおすすめです。

料金もANA/JALを使うなら新幹線と同程度の料金ですが、東京ー新山口間にはSFJがあり、早めの予約なら片道11,000〜12,000円になります。この料金差だと新幹線のメリットは消えてしまいます。

統計的にも、東京ー新山口間は28.9%の人しか新幹線を選択していないことから、新幹線が不利なのが裏付けられています。

唯一、宿泊ありの場合は新幹線をおすすめします。新幹線パックなら新幹線と宿がセットで特別割引料金になりますし、移動が楽という新幹線のメリットも生きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA