博多ー新大阪【往復15,200円~】新幹線の「往復割引」料金を安くする方法

新幹線の往復・往復割引

新幹線で博多ー新大阪を往復する場合、往復割引が適用されます。

往復割引後の新幹線料金(博多ー新大阪)は下記の通り。

  • のぞみ・みずほ:29,240円
  • さくら・こだま:28,600円
    ※ひかりも同料金

新幹線の往復というと、この「往復割引」や「回数券」などが真っ先に思いつきますが、往復割引は乗車券が1割引、回数券は正規料金の3〜5%割引程度です。正直、あまりお得ではありません。

では、どうすれば往復料金を安くできるか?

いくつか方法があるので紹介していきます。

 

格安マスター
とりあえず、ざっくり簡単に結論をまとめておくよ!

 サクッと!まとめ 

  1. 福岡(博多)ー新大阪を安く往復するなら「新幹線パック」が第一の選択肢。往復+宿で格安18,000円〜。他と比較しても圧倒的に安い。
  2. 新幹線きっぷ単体で往復の場合は、こだま(ひかり)を利用すると正規料金の半額以下の15,200円で往復できる。
  3. ❶❷以外にも往復割引料金を安くする方法がある。

では、詳しく見ていきます。

往復料金ふくめ、福岡(博多)ー新大阪の新幹線全般の格安情報はこちらで詳しくまとめています。
福岡(博多)ー大阪【最安は7,600円】新幹線 料金の格安ガイド

 

博多ー新大阪の新幹線「往復料金」一覧

まずは、博多ー新大阪の往復の新幹線料金を一覧にまとめておきます。

格安マスター
一目でわかるように博多ー新大阪の新幹線料金リストを作成しました!

博多ー新大阪の新幹線料金リスト(片道・往復)

安い順に並べると以下の通り。

※往復の場合は往復割引が適用

新大阪駅ー博多駅 片道 往復
バリ得こだま(往復)
※大阪発、3/31まで
13,700円
バリ得こだま 7,600円
※200円クーポン付
15,200円
こだまスーパー
早特きっぷ
8,660円 17,320円
新幹線パック 18,000円〜
※1泊宿代込
スーパー早特きっぷ 10,480円 20,960円
EX早特(休日) 11,200円 22,400円
EX早特(平日) 12,000円 24,000円
EX予約 13,490円 24,620円
eきっぷ・e特急券 13,490円 25,020円
回数券
(金券ショップ)
13,520円 27,040円
自由席
スマートEX(自由席)
14,750円 27,540円
スマートEX
(さくら・ひかり・こだま)
15,080円 28,400円
さくら・ひかり・こだま 15,280円 28,600円
スマートEX
(のぞみ・みずほ)
15,400円 29,040円
のぞみ・みずほ 15,600円 29,240円

学割や障害者割引ほか、特定の人しか利用できない格安きっぷや割引は除外しています。

福岡(博多)ー新大阪は往復割引がきく!

新幹線で往復というと、往復割引があるじゃないかと思う人も多いでしょう。博多ー新大阪の往復割引はどうでしょうか?

JRの往復割引は、その区間の片道の営業キロが601km以上の場合に適用されます。往復割引が適用された場合は乗車券が1割引になります。

このルールに従うと、福岡(博多)ー新大阪間は営業キロが601km以上なので、往復の場合は往復割引がききます。

このため実は、博多ー新大阪の往復料金は小倉ー新大阪や博多ー新神戸より安くなります。(小倉ー新大阪や博多ー新神戸は600キロ未満なので往復割引がききません)

また、予約の方法によっては往復割引が適用されないケースもありますので要注意です。後で詳しく解説しています。

 

【福岡ー新大阪:往復18,000円〜】往復割引より断然安い「新幹線パック」

新幹線パック

新幹線で福岡ー新大阪を往復する場合、まずは「新幹線パック」を検討しましょう。

福岡(博多)ー新大阪の最安値は18,000円〜です。

往復割引料金が29,240円(のぞみ・みずほ)ですから、「新幹線パック」は10,000円以上安いです。しかも「新幹線パック」は宿代込の料金です。

格安マスター
なにはともあれ、まずは「新幹線パック」をチェック。宿泊するならメチャメチャお得っ!

大阪ー福岡の新幹線パック

大阪ー博多-新幹線パック

新幹線パックは 以下の2つがセットになった旅行商品です。

  • 新幹線往復チケット(博多ー新大阪)
  • 宿(ホテル、旅館)

セットになることで、料金が大幅割引になるのが最大の魅力です。新幹線チケットとホテルを別々に予約するよりはるかに格安です。

新幹線パックの特長はこんな感じです。

  • 「新幹線+ホテル」セットで特別割引料金
  • 新幹線の種類(のぞみ、こだま等)を選べる
  • 新幹線の時間が自由に選べる
  • ホテルのグレード(格安〜高級)を選べる
  • 直前(3日前)まで予約可
  • 2人予約がお得(1人予約だと割高になる)

新幹線パック最大の魅力は、やはり価格です。料金は時期によって変動しますので、最新料金は公式サイトでチェックしてください。

 

「新幹線パック」はどれくらい安いのか?往復割引料金を比較!

「新幹線パック」がどれほどお得か、もっと具体的に見てみましょう。

新幹線パックとその他の乗車手段の料金を一覧表にして比較してみました。下の一覧表では、往復料金に宿代(1泊6,000円と仮定)を加算しています。

格安マスター
料金の安い順に並べたよ。新幹線パックをうまく使おう!
新大阪駅ー博多駅 往復 往復+1泊
(+6,000円)
新幹線パック 18,000円〜
バリ得こだま(往復)
※期間限定3/31まで
13,700円 19,700円
バリ得こだま 15,200円 21,200円
こだまスーパー
早特きっぷ
17,320円 23,320円
スーパー早特きっぷ 20,960円 26,960円
EX早特(休日) 22,400円 28,400円
EX早特(平日) 24,000円 30,000円
EX予約 24,620円 30,620円
eきっぷ・e特急券 25,020円 31,020円
回数券
(金券ショップ)
27,040円 33,040円
自由席
スマートEX(自由席)
27,540円 33,540円
スマートEX
(さくら・ひかり・こだま)
28,400円 34,400円
さくら・ひかり・こだま 28,600円 34,600円
スマートEX
(のぞみ・みずほ)
29,040円 35,040円
のぞみ・みずほ 29,240円 35,240円

ご覧の通り、圧倒的に新幹線パックが格安です。

ただし、新幹線パックも時期によって料金が大きく変動します。とくに繁忙期は、必ずしも最安値とはいえませんし、希望の宿が取れる保証もありませんので、最新の料金は公式サイトで確認してください。

 

【博多ー新大阪:往復15,200円〜】新幹線きっぷ単体で往復する場合

上で「新幹線パックが圧倒的に安い」と書きましたが、宿が不要な人(日帰り、実家帰省、友人宅宿泊など)もいるはずです。

その場合は、どうすれば格安にできるか?新幹線きっぷ単体で往復する場合をみてみます。

こだまでOKなら、バリ得こだまが最安!往復割引で15,200円

格安新幹線バリ得こだま

安さ優先なら、こだまの格安チケット「バリ得こだま」がいいです。

「バリ得こだま」は新大阪ー博多が片道7,600円ですが、往復の場合は往復割引になって下記料金です。

  • 新大阪 ー 博多:往復13,700円
  • 新大阪 ー 小倉:往復12,500円
    キャンペーン価格は終了しました。

往復割引は期間限定(2020年3月31日まで)。通常は以下の料金です。

  • 新大阪 ー 博多:往復15,200円
  • 新大阪 ー 小倉:往復14,000円

ただし、時間は少しかかります。
新大阪ー博多は4時間程度。「バリ得こだま」はひかりも選択できます。ひかりの場合は2時間半〜3時間。

「バリ得こだま」は下記のような旅行商品です。特徴をまとめました。

  • 大阪ー岡山ー広島ー博多の新幹線が格安
  • お得なクーポン付き(200円分)
  • こだま・ひかり乗車
  • 3日前まで購入可能(Web予約)
  • 指定席乗車、1人利用可
  • 片道/往復、上り/下り利用可

予約は公式サイトから3日前まで。

のぞみで往復なら「スーパー早特きっぷ」

やっぱり時間がかかるはイヤだからのぞみがいい、という人は「スーパー早特きっぷ」です。のぞみ乗車で最も安い往復手段です。

早特きっぷなので14日前までの予約が必要ですが、料金は下記の通り格安です。

  • 新大阪 ー 小倉・博多:往復20,960円

スーパー早特きっぷに往復割引はありませんが、正規料金の往復割引(29,240円)よりお得です。

14日前までの予約が厳しいなら、3日前まで予約可能な「EX早特」を利用するのがいいでしょう。

 

福岡ー大阪の往復料金を割引にするその他の方法

ここまで紹介してきた方法のどれも利用できないという人もいるかもしれません。

そんなときは、以下の格安きっぷも検討してみてください。往復割引と併用できるものもあります。

格安マスター
他にもいろいろ割引の方法はあるんだよ。

こだまスーパー早特きっぷ(往復割引なし)

こだまスーパー早特きっぷは、名称の通り、こだま限定の早特きっぷです。JR西日本が販売しています。

早特なので14日前までの購入が必須ですが、こだま料金が格安です。

ただ、この区間は「バリ得こだま」など格安チケットが多く、こだまスーパー早特きっぷより安い選択肢が多いのでなかなか利用するケースは少ないかもしれません。

  • 博多 ー 新大阪:往復17,320円
  • 小倉 ー 新大阪:往復17,300円

スーパー早特きっぷ(往復割引なし)

スーパー早特きっぷもJR西日本が販売する早特きっぷです。早特なので14日前までの購入が必須です。

最大のメリットは、のぞみに格安で乗れることです。安さ(こだま)より時間を優先する人は、スーパー早特きっぷを利用するといいでしょう。

大阪・神戸ー九州各地(博多・小倉、大分、佐世保、長崎、熊本、鹿児島)だけでなく、広島・岡山ー熊本・鹿児島も利用できます。新幹線が通っていない区間は在来線の特急に乗り継ぎます。

  • 新大阪 ー 小倉・博多:往復20,960円

EX早特(往復割引なし)

EX早特は、EXサービス(エクスプレス予約、スマートEX)の会員になると利用できる早特きっぷです。

早特なので3日前までの購入が必須ですが、スマホアプリ「EXアプリ」などからも簡単に予約・変更できるので、比較的使いやすいきっぷです。

EX早特は、平日と休日では料金が違います。休日利用の方が割引率も高いです。

  • 新大阪 ー 小倉・博多:往復22,400円(休日)
  • 新大阪 ー 小倉・博多:往復24,000円(平日)

エクスプレス予約(EX予約)+往復割引併用可

エクスプレス予約(EX予約)サービスはJRの有料会員サービスです。登録が必要です。年会費は1,100円。

エクスプレス予約を利用すると通常料金から約1割引きになります。

エクスプレス予約(EX予約)のメリットは下記の通り。

  • 直前予約でも割引率が大きい
  • のぞみに安く乗れる
  • お盆・年末年始・GWもおトクな会員価格

回数券よりも安くなるので、頻繁に新幹線を利用する人は有料会員になる価値はあります。

往復割引との併用も可能です。

eきっぷ・e特急券+往復割引併用可

eきっぷは、JR西日本の「J-WESTカード会員」かJR九州の「JQ-CARD」会員のみ購入できる特急券です(乗車券ではありませんので注意)。カード会員限定なので利用する人は限られます。

eきっぷは往復割引と併用可能で新幹線料金を安くできますが、同じ会員限定サービスなら「EX予約」や「EX早特」の方が割引率も高いですし、ペーパーレスで使いかっても優れているので、こちらを利用することをおすすめします。

また、「eきっぷ」と似たようなきっぷに「e特急券」があります。料金はeきっぷと同じです(山陽新幹線では)。e特急券はエクスプレス予約限定のきっぷですので、スマートEXでは購入できません。

いずれにせよ、利用シーン、利用者は限られます。

往復割引との併用も可能です。

回数券・金券ショップ(往復割引なし)

格安チケットといえば、金券ショップが真っ先に思い浮かびますが、思っているほどお得ではありません。

金券ショップで売っているのは回数券のバラ売りですので、割引率は約3〜5%程度です。また、新幹線の回数券が設定されていない区間もありますし、お盆・年末年始・GWは使用できません。

しかし、当日手軽に割引を受けられる回数券はやはり人気です。団体旅行する場合や特定区間の新幹線を頻繁に利用する人は購入しておいてもいいでしょう。

新幹線の回数券は、短距離区間なら自由席、中長距離区間なら指定席に設定されています。

  • 新大阪 ー 小倉:往復27,040円

スマートEX+往復割引併用可

スマートEXはJRの無料会員サービスです。登録が必要です。

スマートEXを利用すると通常料金から200円引きになります。

無料のスマートEXはそこまで割引率は大きくありませんが、区間によってはEX早特なども利用できるので、会員登録しておいて損することはありません。

EXアプリというスマホアプリをインストールしておけば、いつでもどこでも簡単に新幹線の予約ができます。新幹線によく乗る人は必須です。

往復割引との併用も可能です。

おとなび(往復割引なし)

50歳以上であれば、「おとなび」を使って新幹線を利用するのもお得です。

おとなび会員(無料)になれば、下記3つの特典が利用できます。

  1. おとなびWEBパス:新幹線・在来線乗り放題(3日間)
  2. おとなびWEB早特:新幹線料金最大60%OFF
  3. おとなび格安旅行:会員限定の旅行商品。「新幹線+ホテル」セットが格安

うまく利用すれば、かなりお得です。

こだま指定席きっぷ(往復割引なし)

2人以上で山陽新幹線を利用する人は、こだま指定席きっぷがお得です。

利用条件が厳しいきっぷですが料金は格安です。特に、子供連れの人は子供料金が一律1,500円なのでおすすめです。

デメリットもあるので気をつけてください。

  • 1人利用できない
  • JR窓口で買えない
  • e5489からの予約で面倒(JWEST会員限定)
  • 短距離区間限定

こだま指定席きっぷは短距離区間にしか設定されないため、博多ー新大阪間は設定がありません。

学割+往復割引併用可

JR指定の中学・高校・大学や専修・各種学校の学生なら学割が利用できます。

営業キロ数が101キロ以上の区間の乗車券が2割引になります。特急券は割引になりません。

往復割引との併用も可能なきっぷですが、往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

障害者割引+往復割引併用可

身体障がい者および知的障がい者は乗車券が半額になります。特急券は割引になりません。

身体障害者手帳または療育手帳の記載が「第2種」の場合は本人のみ、「第1種」の場合は同伴の介護者も割引になります。往復割引、乗り継ぎ割引等も併用できるので該当する人は利用しない手はないです。

ただし、往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

往復割引との併用も可能なきっぷですが、往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA